高額収入は見込めるの?アパート経営の本当

アパート経営を初めてされる方は、家賃が入れば収入も比例して増えると考える方もいますが、これは間違いです。ローンの支払い、税金、管理費などを支払う必要が発生しますから、その分を差し引いた金額が収入です。
単純計算にて部屋数の大小を比較すると、多い方が収入は見込めます。特に満室になるとまとまった金額が得られます。一方、部屋数が多いと空き部屋になった際のリスクや部屋の手入れなどの問題が発生します。
築年数が古くて長期間空き部屋の状態だと、害虫が住みつきやすくなります。一つの部屋に住みついて全ての部屋が被害に遭うと、経営にも支障をきたしかねません。お近くにアパートがある場合は、定期的な手入れが必要です。遠方の場合は管理会社と確認をした上で、空き部屋管理の対策を立てておくと良いでしょう。

アパート経営での空室対策

アパート経営を始めるにあたり、入所者を増やす方法を紹介します。
敷金礼金更新料不要の物件が増えており、その方が入居者は費用を抑えられるため、空き部屋になりにくい要素です。敷金は本来家賃未払い分を充てるものですが、それがかからない分魅力があります。保証人不要契約に繋がる保証会社との契約にてリスクを抑える方法もありますが、入居者の家賃滞納が続けば費用をご自身がかぶらなければなりません。
宣伝も活用すると良いでしょう。ネット広告や不動産会社の依頼を通じて宣伝をすると、入居者が決まる可能性が高まります。その際には、単身者向けなどのアパート経営の方向性を決めておくことが必要です。ペット可なども設けることもありですが、臭いやキズなどの対策は必要です。

アパート経営も確定申告は必要です

アパート経営をするにあたり、家賃収入がある方だと年度末の確定申告は必須です。青色申告だけで利益から10万円差し引き出来ますが、その際におけるポイントを紹介します。
特にアパートが5等10室以上ある場合は利益から65万円を引くことが出来、家族に給与支払いも可能です。規模が少なくても赤字を3年間繰り越しできます。その際にはローン、不動産会社をはじめとした各種書類提出が必須です。別途確定申告用の書類も作成が必要です。
青色申告用のソフトも各社開発されており、経理に関しての知識があれば簡単に出来ることも多いです。時間と知識は相応に必要ですから、難しい場合は税理士などの専門家に依頼をして下さい。

ピックアップ記事

アパート経営を管理会社と共同でするポイント

アパート経営は一人ですることも可能ですが、管理会社と共同でする方法もあります。特に遠方の場所で契約する場合や副業で始める場合は、管理や手続きの面での負担軽減が図れます。そこで、管理会社選びのポイントを...

土地活用の一環としてのアパート経営

アパート経営は、土地活用の一環として多くの方が利用しています。初期費用は相応にかかりますが、入居者が居て安定した収入が得られると、貯蓄や生活費に充てることが出来ます。特に一等地や都心の駅近くなど常時入...

高額収入は見込めるの?アパート経営の本当

アパート経営を初めてされる方は、家賃が入れば収入も比例して増えると考える方もいますが、これは間違いです。ローンの支払い、税金、管理費などを支払う必要が発生しますから、その分を差し引いた金額が収入です。...

アパート経営の初期費用について

アパート経営を始める際に、初期費用は相応にかかります。相場は新築の場合は購入価格の8%、中古の場合は10%を見込んでください。火災、地震保険の加入やリフォームが必要な場合の修繕費も別途必要です。不動産...


コンテンツ

カテゴリー