受診勧奨は命を守る健診を拡散するための方法

健診は、疾病を予防したり健康維持などを目的とするために、とても大切だと近年では周知がされています。保険者や企業などの事業者に対して、特定健診とか健康診断を義務付けるために、国が法律を制定していて、2020年になるまでには検診の受診率を8割にすることを目指していくという目標を、すでに掲げています。医療機関で医師による検体の採取をしたり検査がされる検診では、その結果によって医師から健康状態の診断をされたり、必要であれば症状に合わせた保健指導も行われることになっています。臨床検査においては、医師の判断でされていましたが、検体測定室の検査というのは被検者が自分で判断をしていたこともあり、健康状態を医師ほど把握できていないこともありましたが、今では検体測定室の結果の判断においても、被検者だけではなく医療関係者による判断もされるようになって、必要に応じて受診勧奨がされる場合もあります。

健診での受診勧奨によりさらなる健康に導いていく

健診においての受診勧奨は、結果に基づいてさらに詳しい診断をするための検査を受検者に勧めるための目的があり、そうすることで体の危険信号防止に繋げるメリットがあります。受検者だけではなく、医療機関の従事者が持つ知識や経験に基づいた診断をその検査結果に反映していくと、疾病の予防以外にも疾病の発見に繋がる成果も出てくることがあり、最終的には検診を受けた受検者の健康維持を確実に守っていくことになるのです。自分だけの判断だけではなく、医療機関の従事者からの丁寧な説明を受けることで、受検者自身も考え直したり、納得をした上で、健康状態を精査するための次への検査に進むことができます。受診勧奨をすることで、命を守る健診の意義をより大きくしているのです。これは受検者のみならず、健診を義務付けられている企業にとっても意義が大きいことです。

社員の健診での受診勧奨は企業にとっても意義がある

特定健診というのは、メタボリックシンドロームに対する予防やその改善をすることを目的としているのです。メタボリックシンドロームの症状が疑われますと、心臓病である狭心症とか、脳卒中への危険が健康である人の30倍以上にもなると言われていますので、改善するまで注意が必要なのです。特定健診では、この疑いがあれば特定保健指導の対象となって生活習慣改善への指導がされます。それでも数値が良くならなければ、この時点で受診勧奨の必要があると医療機関からは判定されます。受診勧奨になるまでの猶予期間中にできるだけ健康な生活習慣に戻る努力をすることがまずは大切です。企業にとっても社員の健康を維持することは、大切な人材を守ることになります。健診による受診勧奨を社員にしていくことで、結果的には社員の健康を守れるので企業にとっても意義があることです。