受診勧奨が大切な健診その理由と効果とは

企業に就職すると企業の規模に関わらず、誰しもが1年に1度健康診断を受けることとなります。こうした健診は企業側の負担により実施することが義務付けられているものであり、従業員も必ず健康診断を受けなければなりません。健診を受けることで自分自身の身体が今現在どのような状態なのかを知ることができるため、これからの生活にも非常に重要であるといえます。また企業側においても従業員の体調から適正な働く場の提供ができているかなどを健診から判断することも可能です。しかし大半の人は健診を受けただけで満足してしまい、健診の結果をあまり気にしていなかったり、受診勧奨があってもなかなか再度受診しない場合もあります。健診は結果を見ることこそが重要であるため今一度健診結果を再確認するように心がけましょう。

健診結果と受診勧奨の重要性とは

健診を受けた後に健診結果と共に受診勧奨が来る場合があります。受診勧奨とは健診の項目の中で何かが基準値をはずれていた場合に、再度医療機関を受診し、医師による再検査や治療、または生活指導を受けることを勧める文章です。受診勧奨は産業医や保健師、看護師などによって判断されることが多いです。一つの項目で異常値が出たなど数値だけで判断されるわけではなく、年齢や過去の病歴など総合的に判断されることが多いです。健診を受けると健診を受けたことで気持ち的に満足してしまう人も多いでしょう。しかし受診勧奨がきた場合は必ず医療機関で再検査することをおすすめします。安易に考えてしまうと大病の発見を遅らせてしまう可能性もあるためです。小さな変化でも身体にとっては危険信号を出している場合もあるため、こうした小さな変化を見落としてはならないのです。

健診後の受診勧奨がもたらす効果とは

健診を受けた人は必ず数週間程度で健診の結果を見ることができます。健診結果は大抵の場合は一目で正常なのか異常なのかがわるようになっています。異常値が出ている場合、再検査することが求められますが、多くの人は健診結果に異常値が認められても、医療機関で再検査することをためらう場合が多いです。これは医療機関を再度受診しようと考えるとどうしても仕事に支障をきたしてしまう場合が多いことや、日々の忙しさから再検査を受けることに時間をさくことをためらうためです。しかし健診結果とともに受診勧奨がきた場合は、健診結果を見るよりも再検査への意欲を高める効果があります。少なからず医療の知識のある医者や看護師等が判断されたことにより、危機感をもつことができるためです。また受診勧奨の通知後は実際に受診したかどうかの確認をとることも非常に重要であるといえます。