健康のために健診の受診勧奨先を調べる方法

健康診断を受けることは、自分の体の不調を早期に発見し治療することができる良いきっかけになります。しかしながら、忙しい毎日の中で、日常生活に支障をきたすような自覚症状がなければ、敢えて受診する必要性を感じない人が多いのではないでしょうか。大多数のこのような人々の為に、健診及び受診勧奨を行うことは、大病を未然に防ぐことに直結します。健診を受けた結果、受診の必要性がある対象者に受診勧奨をする役割は、企業の保健衛生担当者、看護師、保健師、産業医などいくつかの立場で担われていますが、プライバシーへの配慮をふまえて産業医などの専門家から行うのが望ましいと言えます。最近では、各都道府県の協会けんぽから、未受診者への受診勧奨を行う場合もあります。口頭や電話、文書など様々な方法がありますが、いずれにしても受診勧奨対象者が受診する方向へ気持ちを動かされるような勧奨を行うことが期待されます。

受診勧奨サービスの活用のすすめ

職場の健康診断で、年に1回決められた医療機関や職場などで一斉に健診を受けることは仕事の一部のような感覚で抵抗なく受診できても、その後の精密検査などのための医療機関の受診となると、途端に足が重くなる方は少なくありません。詳しい検査を受診することで疾病を早期に発見することができれば、治療も短期間ですみますし体への負担も軽くすみます。そのように理解はしていながらも、なかなか受診が進まない方の為に、受診勧奨を専門に行うサービス業者の存在があります。未受診者に電話による受診勧奨を行い、同時に未受診の理由も聴取します。依頼元の企業や自治体に過去のサービス実績から、効果的な勧奨の方法、時間帯などを提案したり、勧奨後の効果を測定し、今後の受診勧奨事業に役立てたりします。ネット上には様々なサービス機関が情報を公開していますので、条件の合う先を検討して利用するとよいでしょう。

健診受診で体の危険信号を防止する

健康診断を受診すること、そして必要があればその後の精密検査も受診することは、体の危険信号を早期に発見し、病気の進行を食い止める最良の手段となります。自覚症状がなくても進行する病気はあるので、定期的に健診を受けることは健康を維持するために欠かせません。また、病気を発症していなくても、血液や尿に表れる数値などを検査することで、日ごろの生活習慣の改善や病気を未然に防ぐために自分の体と向き合うきっかけ作りになります。日ごろから気軽に健診や医療機関を受診する習慣がある方は良いのですが、医療機関を受診することに対して抵抗感がある方は、受診勧奨サービスなどからの勧誘を受けたら、重い腰を上げて積極的に受診するよう心がけることが大切です。治療を受けることのみならず、自分の体の数値を知ること、医療機関とのかかわりを持つこと自体が、自分の体へ関心を向けることつながるからです。