土地活用の一環としてのアパート経営

アパート経営は、土地活用の一環として多くの方が利用しています。初期費用は相応にかかりますが、入居者が居て安定した収入が得られると、貯蓄や生活費に充てることが出来ます。
特に一等地や都心の駅近くなど常時入居者の需要が高いところだと、安定して収益が高く見込めます。その分、初期費用は高くなります。時価が高い場所でアパート経営を考えている方は、更地にするより固定資産税を最大6分の1に抑えられますから、節税効果があります。初期費用が用意できない場合でも、年収がやや少なくても担保として融資ししてもらいやすくなります。
エリアごとの人口や周辺地域にある学校、駅などのマーケティングを入念にした上で始めると、成功の可能性が高まります。

土地活用として成功するためのマーケティング

アパート経営において、入居者のターゲットをある程度絞ると営業はもちろん、生活上の管理運営がしやすくなります。そのためには、ポイントを押さえた周辺地域のマーケティングが必要です。
周辺地域の人口や年収、生活スタイルを確認するため、人口統計に関する資料にて研究をすると良いでしょう。その上で、ターゲットとなる客層の抱く住まいのニーズを確認していきます。グレード、広さ、家賃価格などの、定性的な情報も収集するのがおすすめです。各種情報は、書籍やインターネットから確認できます。
また、自分の土地であっても行政庁の都市計画法の管轄内か否かや、行政に建物を造る際の手続きは必要です。建設会社が手続きをしてもらえる場合もありますが、勝手に建物を建ててアパート経営をしてはいけません。

アパート経営は節税対策にも繋がる

アパート経営のメリットには税金相続対策も含まれています。更地はもちろん駐車場経営でも税金の優遇はありませんが、建物があれば各種税金が抑えられます。
都市部にアパートがある場合は都市計画税が受けられ、固定資産税評価額の最大3分の1軽減されます。
更地にアパートを建てることに伴い、相続税が軽減されます。税法の考えでは、現金がものに代わるとその評価額が下がります。その上、他人の権利がついており自分の意思だけでの使用が出来ないため、評価が下がります。場所によっては、最大半分程度の土地評価額となります。アパート経営には家賃収入が入る仕組みですから、相続税の節税効果は高いです。ただし、親族間トラブルにならないよう機会を見つけて、親族間での報告や相談はすすめられます。

ピックアップ記事

アパート経営を管理会社と共同でするポイント

アパート経営は一人ですることも可能ですが、管理会社と共同でする方法もあります。特に遠方の場所で契約する場合や副業で始める場合は、管理や手続きの面での負担軽減が図れます。そこで、管理会社選びのポイントを...

土地活用の一環としてのアパート経営

アパート経営は、土地活用の一環として多くの方が利用しています。初期費用は相応にかかりますが、入居者が居て安定した収入が得られると、貯蓄や生活費に充てることが出来ます。特に一等地や都心の駅近くなど常時入...

高額収入は見込めるの?アパート経営の本当

アパート経営を初めてされる方は、家賃が入れば収入も比例して増えると考える方もいますが、これは間違いです。ローンの支払い、税金、管理費などを支払う必要が発生しますから、その分を差し引いた金額が収入です。...

アパート経営の初期費用について

アパート経営を始める際に、初期費用は相応にかかります。相場は新築の場合は購入価格の8%、中古の場合は10%を見込んでください。火災、地震保険の加入やリフォームが必要な場合の修繕費も別途必要です。不動産...


コンテンツ

カテゴリー