アパート経営を管理会社と共同でするポイント

アパート経営は一人ですることも可能ですが、管理会社と共同でする方法もあります。特に遠方の場所で契約する場合や副業で始める場合は、管理や手続きの面での負担軽減が図れます。そこで、管理会社選びのポイントを紹介します。
全国展開をしている不動産業者をはじめそれぞれありますが、地域の情報に精通しているところが第一です。市場調査における資源が充分な確保ができますし、家賃収入が得やすい場所の情報も得られます。契約前の相談や見積もりは無料のところが多いので、利用することも一つの方法です。特に初めての方は、ローンのことを含め各種相談に応じてもらえるところが良いでしょう。
アパート経営を続けていくと、空室問題から定期的なメンテナンス、方向性などの問題が発生します。各種担当社員が責任を持って、迅速かつ丁寧に対応してもらえるところだと安心です。

アパート経営管理会社に支払う費用とメリット

アパート経営の際に管理会社と契約した場合には、手数料がかかります。
相場は毎月の家賃の5%です。業者の中には5%以下で対応してもらえる業者もありますが、更新料などの別途費用を徴収する場合もありますから、見積もり時に確認が必要です。その上建物のローンを組んでいる場合だと年間費用としても安くはありません。
しかし、入居退去契約の代行をしてもらったり生活上のトラブル対応も代行してもらえます。たとえアパート経営に関しての知識が乏しくても、上手に活用するとご自身だけでなく入居者も安心した生活をおくれることに繋がります。

一括借り上げシステムとは

アパート経営において、近年大手建設会社をはじめ一括借り上げシステムを採用しているところが増えています。たとえ空室があっても、業者に手数料を支払えば家賃が保証されますから、安定した収入が見込めます。
一方、注意点もあります。長期的に空室があったり、経年劣化に伴っての建物の価値が下がれば、賃料も下がります。年単位での定期的な賃料改定をしている業者も多いです。リフォームなどの費用もご自身で用意しなければなりません。特に最大30年以上の長期契約をする場合では、年数が経つにつれて、維持費がかかり収益も下がりやすくなります。途中解約をすると、法外な手数料が発生する場合があります。ご自身のライフスタイルに合った契約及び業者選びをしないと、生活に支障をきたしかねないので注意をしましょう。

ピックアップ記事

アパート経営を管理会社と共同でするポイント

アパート経営は一人ですることも可能ですが、管理会社と共同でする方法もあります。特に遠方の場所で契約する場合や副業で始める場合は、管理や手続きの面での負担軽減が図れます。そこで、管理会社選びのポイントを...

土地活用の一環としてのアパート経営

アパート経営は、土地活用の一環として多くの方が利用しています。初期費用は相応にかかりますが、入居者が居て安定した収入が得られると、貯蓄や生活費に充てることが出来ます。特に一等地や都心の駅近くなど常時入...

高額収入は見込めるの?アパート経営の本当

アパート経営を初めてされる方は、家賃が入れば収入も比例して増えると考える方もいますが、これは間違いです。ローンの支払い、税金、管理費などを支払う必要が発生しますから、その分を差し引いた金額が収入です。...

アパート経営の初期費用について

アパート経営を始める際に、初期費用は相応にかかります。相場は新築の場合は購入価格の8%、中古の場合は10%を見込んでください。火災、地震保険の加入やリフォームが必要な場合の修繕費も別途必要です。不動産...


コンテンツ

カテゴリー