アパート経営を始める前の確認事項

アパート経営はサラリーマンが副業として始めたり、老後の貯蓄や本業として始める人がいたりするなど、目的は人それぞれ異なります。年齢制限もなく、相応の資金があれば資格が無くても始められます。
経費に関してですが、アパート経営には維持費と管理費は最低限発生します。管理会社と契約している場合には、手数料の問題がかかります。また、入居者ゼロや家賃滞納の問題が起こりかねません。特に土地と建物だけ用意しておいて何もしないでお金が入るという考えでは、失敗してしまいます。
宅建などの資格を保持している場合には、不動産取引における相応の知識が生かせるうえ、目利きも出来る場合が多いです。経理やマンション管理士の資格があると、トラブルの対応や運用に関しての知識を生かしやすいでしょう。これらの資格保持者は、アパート経営を始めると収入以外の魅力が見つかりやすくなります。

資格が無いアパート経営者には難しいのか

宅建などの資格がある方にとって、アパート経営は知識を生かせる仕事の一つであり、上手に活用できると成功に繋がりやすいです。一方、資格が無い方には難しいのかと考えている方に向けたポイントを紹介します。
日頃から建設関係の情報誌や新聞などで、売買物件や周辺の不動産価格の変動は確認できます。最適なタイミングでの購入及び、中長期的な収入面でのビジョンが掴めると成功の可能性が高まります。税金対策の勉強や競売不動産のチェックでも、収益、節税における知識を身につけられ、経営に大いに活かせます。管理会社と契約していない方で、難しいと感じた場合は士業者に相談してください。

資格以外でアパート経営に有利な条件とは

アパート経営において有利な条件は、知識と資格以外にもあります。
初期費用は相応にかかりますから、多くの方が銀行から融資を受けローンを組むようになります。その際に財産を持っている方及び、現役でお勤めの方には高い年収があると融資を受けやすくなります。返済時のプランについても確認しておくと良いでしょう。
アパート経営では、建物の倒壊や災害により物件が被害を受ける場合は少なくありません。修繕には高額な費用がかかる場合があります。貯金や財産を多く抱えている方ならすぐに動きやすくなります。火災、地震保険に加入をしておくと、いざというときにも心強いです。
立地条件などの市場調査が得意な方、営業スキルを持っている方は空室リスクを防ぎやすいので、安定した収入が見込めます。

アパート全てが完成した後もあらゆるサポートをしております。 10周年目を向かえ、創立時期より10年連続増収増益を達成しました。 販売だけでなく管理まで行う、オーナー第一主義会社がアイケンジャパンです。 アパート経営に大切な土地の選定に関しては将来性を考え妥協いたしません。 アイケンジャパンはお客様との信頼関係の向上に努め、日々努力をし続けます。 不動産投資の新基準を詳しく掲載するアイケンジャパンで知識を

ピックアップ記事

アパート経営を管理会社と共同でするポイント

アパート経営は一人ですることも可能ですが、管理会社と共同でする方法もあります。特に遠方の場所で契約する場合や副業で始める場合は、管理や手続きの面での負担軽減が図れます。そこで、管理会社選びのポイントを...

土地活用の一環としてのアパート経営

アパート経営は、土地活用の一環として多くの方が利用しています。初期費用は相応にかかりますが、入居者が居て安定した収入が得られると、貯蓄や生活費に充てることが出来ます。特に一等地や都心の駅近くなど常時入...

高額収入は見込めるの?アパート経営の本当

アパート経営を初めてされる方は、家賃が入れば収入も比例して増えると考える方もいますが、これは間違いです。ローンの支払い、税金、管理費などを支払う必要が発生しますから、その分を差し引いた金額が収入です。...

アパート経営の初期費用について

アパート経営を始める際に、初期費用は相応にかかります。相場は新築の場合は購入価格の8%、中古の場合は10%を見込んでください。火災、地震保険の加入やリフォームが必要な場合の修繕費も別途必要です。不動産...


コンテンツ

カテゴリー