健診の受診勧奨のメリットをお伝えします

“健診を受けるきっかけを与えるための個別受診勧奨が受診率を上げるためには効果的です。とにかく、検診を受けてもらうためには、県政に対する認知度を上げるだけでなく、きっかけを作ることが不可欠となります。さらにもっと有効な手段もあります。それは個別受診勧奨や再勧奨です。個別受診勧奨とは、広報活動みたいな一般の人に向けて活動するのとは違い、電話や郵送によって特定の個人に向けて受診の勧めをするという方法です。個別に受診勧奨を行っても受診しないという未受診者に対しては再度受診を促します。受診勧奨するのには理由があります。例えば症状はないけれども受診をした方が良さそうな人や、薬はまだ飲まなくてもいいけれど、食事や運動を改正したほうがいい場合とか定期的に検査を受けて状態を確認したほうがいい場合もあります。そんな人は何かある前に是非1度受診することをおすすめします。

個別受診勧奨が健診の受診率を上げるのには効果的です

健診の受診率を上げるための効果的な方法についてお話しします。一般的にその効果が検証されている方法として個別受診勧奨と再勧奨が挙げられます。この方法は日本国内でもすでに目覚ましい効果を上げている方法です。しかしたとえ個別受診勧奨という方法がうまくいったとしても、検診の結果さらに精密な検査を求められた場合などにやはり行こうとしないという人も数多く行って問題になっています。そんな人の中には、自覚症状がないからいいとか検査結果が悪いことは自覚しているのだけれど、病院に行く時間がないとか言う人も大勢います。しかし、受診勧奨の判定値を超えているのにそのままにしておくと動脈硬化などになってしまうかもしれないので注意が必要です。そんな人はできるだけ時間を作って専門機関を受診することをお勧めします。

健診の受診勧奨をすることのメリットについてお話しします

医療で行われる一般的な特定健診は、医師の指示のもとで検体を採取し、それを検査して行います。その結果を用いて、医療機関において利用者の健康の状態を丁寧に診断します。臨床検査では基準値と測定値の比較のみで結果を判断するということはしません。なぜかというと、医師の臨床所見と合わせて評価するからです。それに対し検体測定室で行われる検体検査は、受検者自身が自分自身で結果を判断しなければいけません。そのため、簡単な検査の結果だけで健康だと思い込み自分の判断で健康診断を受けなかったり、医療機関を受診するのが遅くなってしまったりすることがよくあります。そのため、検体測定室で検査を行った時は、特定健診の受診率向上や専門の医療機関の受診につなげるよう受診勧奨の励行を行うことをお勧めします。”

定期健診、特定健診、生活習慣病・がん検診、婦人科健診、人間ドック、巡回健診等の手配が可能です。 医療機関ごとに異なる健診結果の判定を統一化、受診から平均約30日でご希望のデータ様式にて納品が可能です! 特定保健指導案内や健診結果に基づく二次健診の受診勧奨(電話・メール・郵送対応可)を代行します。 15年超にわたり、400名を超える産業保健スタッフの声を集積し、2018年に完全刷新されました! 健診の受診勧奨はウェルネス・コミュニケーションズにおまかせ